MacBook Proのクラムシェルモードに最適なBookArcを購入

MacBook Proをメインマシンとして使用するならクラムシェルモードがおすすめ

おじさんが購入したMacBook Pro 13inch(MID2012)は非Retinaディスプレイではあるけれど、Retina搭載モデルと違って光学ドライブもついているし、後からメモリや内蔵ディスクを交換出来たりと拡張性もあり、スペック的には十分メインマシンとして使える機種だ。特に13inchモデルは価格も手頃である。実際おじさんも購入後はメインマシンとしてバリバリに使用している。
ただ、液晶画面が小さかったり、解像度がやや劣っているのは否めなく、外付けディスプレイを接続したり、キーボードやマウスを外付けして、ほとんどの場合いわゆるクラムシェルモードで使用している。
外部ディスプレイやキーボードを持っている人には、やはりクラムシェルモードがおすすめだ。

クラムシェルモードで使用するのに最適なBookArc for MacBook Pro V2

だがクラムシェルモードで使用するにしても、そのままMacBook Proを机の上に置いたままでは机上スペースのかなりの部分を占拠しまうし、底部の広い面積が机に接する形になり、熱がこもるような気がしてあまりうれしくない。
そんな時にピッタリなのが、BookArc for MacBook Pro V2だ。
BookArc を使用するとMacBook Proを立て掛けて使用できる為、机の上のスペースを有効利用できるし、MacBook Proの光学ドライブもちょうど使いやすい位置にくる。そして当然ながら熱もこもりにくくなるのだ。

BookArc for MacBook Pro V2をamazonで購入した

amazon価格で 4,412円だったので、早速ポチッと購入した。

黒い箱にはいっている。

IMG_4266_2

ふたを開けると、本体は赤い型におさまっている。
何とも高級感がただよう。

Retina搭載モデル用の交換部品も添付されているIMG_4274_2

本体を取り出してみる
中央部のアップ
手前部分
奥側。インサートパッドがついており、ケーブルを
裏で束ねられるようになっている
裏側
裏側のアップ
MacBook Proを載せてみた
手前側。光学ドライブが手前に来る

IMG_4286_2

MacBook Proと見事に一体化されている
IMG_4294_2
ずっしりと重くて、安定感バツグンだ
対応機種は、MacBook Pro(Retina)13inch/15inch、MacBook Pro 13inch/15inch

本体はずっしりと重い。MacBook Proをしっかり立てられる安心感がある。本体の色はMacBook Proにぴったり合い、一体感が得られる。

(なかなかいい買い物をした。これで安心してクラムシェルモードで使用できそうだ)

詳しくはこちら ⇒ Twelve South BookArc for MacBook Pro V2






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です