アップルの「Magic Trackpad」を買ってみた

「MacBook Pro」のクラムシェルモードではトラックパッドは使わない

いつも使用しているMacBook Proには、当然ながらトラックパッドがついているのだが、普段はほとんどクラムシェルモードで外部ディスプレイと外部キーボード・マウスを接続して使用していた為、トラックバッドは全くと言っていいほど利用していなかった。
そのため、トラックパッドの便利さも知ってはいたものの、マウスやキーボードショートカットでできる操作でずっと我慢していたというのが実情だ。
だが、最近ブログを始めたりして頻繁にMacを操作するようになってくると、やはりトラックパッド特有の3本指や4本指の操作による快適な操作性がたまらなく欲しくなってきたのだ。

ロジクールからもトラックパッド製品が発売になった

そんな事を考えているうち、ロジクールからもMac向けのトラックパッド製品が発表された。スペック的にはアップル純正のトラックパッドと似ているが、こちらは充電式となっているようだ。
価格的には、Apple Magic Trackpadが 6,800円なのに対し、ロジクール オンラインストア価格が 6,980円となっていて、これも似たようなものだ。
であれば、どちらを選ぶかなのであるが、やはり純正であることと、ロジクール製品の発売が2月8日で購入レビューなどがネットに出てくるまで待ち切れなかったのもあり、Apple Magic Trackpadを購入する事に決めた。

amazonで早速購入し、開封してみた

amazonで価格をみると 5,994円であったので、そのままポチっと購入した。
その翌日には宅配便で届けられたので、早速開封してみた。

箱の外観。思ったより小さい

箱を開けてみる(包装を外したあと)

使用する面

裏面は白くなっている

ここから電池を交換する(単三電池2本使用:付属)

電源ボタンはここ

電池のマークが記されている

裏の滑り止めラバー部分がクリックスイッチになっている(左側)

同(右側)

裏面白い部分の真ん中にはアップルマークが

インジケータランプがここにある

(使用してみると、ガラスの感触がとにかく気持ちいい!)

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です