DELLの超ワイド液晶モニタが気になる

2560×1080ドットの超ワイドな29型液晶ディスプレイ『U2913WM』


DELLから発売になった、超ワイドな液晶ディスプレイ「U2913WM」が異色でとても気になっている。
このディスプレイ、画面の解像度は2560×1080ドットで、液晶はIPSパネルだ。接続端子は、アナログRGB、DVI-D、HDMI(ver 1.4)、DisplayPort、Mini DisplayPortの5種類もある。画面が超ワイドな利点を活かして、別々の入力端子からの映像を左右に並べて2画面表示もできるらしい。
ディスプレイスタンドの機能も豊富で、チルトやスイベル、昇降も可能。
また、USB 3.0対応のハブ機能をもっており、ポートが4つもあるそうだ。
デュアルリンクDVI-D、DisplayPort等のケーブルも標準で添付されている。

これだけの機能・仕様を備えていて、価格はなんと4万円をきる

このディスプレイ、DELLの直販サイトで販売されており、その価格は3万9980円とのこと。こんなに機能が盛りだくさんで、液晶の性能もなかなか。この横長サイズに違和感がなければ、とてもお買い得な気がする。
価格COMで見る限り、他のショップでの扱いは今のところなさそうだ。amazon.co.jpで検索してもでてこない。

Macで使用したときの機能制限が心配

Macユーザーには気になる点もある。このディスプレイで画面を分割して使いたい場合は「Dell Display Manager」というツールを使うようであるが、どうやらこれはWindows用のツールらしく、おそらくMacでは使用できなそうである。
Macで画面分割したい場合はどうすればいいのか、Windowsと同じように分割機能が使用できるのか、今の時点ではよくわからない。DELLのサイトにも、その辺のことがあまり記載されていないのが残念。

Macでの使用レビューが待ち遠しい。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です