「世界の軍艦コレクション」創刊号「戦艦大和」を買った

創刊号が魅力的なコレクション型雑誌の新シリーズが発売

『世界の軍艦コレクション』という、図鑑に模型が付録したタイプの雑誌の新シリーズが発売された。
今回発売された『世界の軍艦コレクション』は、文字通り世界の軍艦を毎号1艦ずつ写真やイラストで詳しく紹介し、その1:1100スケールの模型が毎回付録についてくるというものだ。
こういうシリーズに共通して言えることは、創刊号の価格が安く抑えられており、付録の内容がシリーズのなかでも魅力的なものがチョイスされているのだ。

このシリーズの場合、創刊号に990円という価格が設定されている。

(比較的高価な気がするが、それでも次号以降よりは低価格でお得ということらしい)

そして、創刊号の付録についている軍艦が「戦艦大和」という、言わずと知れた日本で一番有名な軍艦である。

(宇宙戦艦ヤマト2199のTV放映に合わせたわけではないだろうが・・)

実際の戦争が好きか嫌いかは関係なく、男の子(年齢は関係ない)はこういう、軍艦とか戦闘機とか銃とかいったものにはなぜだか惹かれてしまうものだ。
タイミング的には『宇宙戦艦ヤマト2199』TV放映のニュースも絡んで、思わず買ってしまった。

(何か、言い訳しているような感じ)

早速開封してみる

外観はこんな感じIMG_4037a

側面から見たところIMG_4038a

中を開くとこんな感じで付録が収められているIMG_4043a

模型を取り出してみる

モデルの製作には実際の寸法、塗装、搭載兵器などの詳細なデータが用意され、コンピューターを使って完全な3Dモデルを作ってから製作されるとのこと。また、仕上げの塗装は手作業で行われているらしい。

戦艦の前面を横から見たところIMG_4097a
中央部分を前から見たところIMG_4094a
後部を横から見たところ
IMG_4115a中央部分を横から見たところ
IMG_4098a全体を後ろから見たところIMG_4100a
全体を斜め前から見たところIMG_4104a
全体を前から見たところIMG_4129a
IMG_4131a

やや仕上げが粗いところもなくはないが、この価格にしてはとてもよく出来ていると言えるのではなかろうか。

世界の軍艦コレクション 2013年 2/5号 [雑誌]

価格:
990円

(2013/01/15 23:35時点 )

感想:8件






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です