『96時間 リベンジ』の上映時間は短すぎるか?

どっかで観たような・・・

『96時間 リベンジ』を観賞した。前作から1年後ぐらいの設定のようだ。娘も父親もまあ平和に暮らしている。しかし元妻の環境はあまり芳しくないようだ。

元妻役を演じている女優さん、どっかで観たぞと思ったが(街で見かけたわけではないが)結局思い出せなかった。後で調べると、ファムケ・ヤンセンという人で『X-MEN』シリーズに出演してたということだ。なるほど。

(前作に登場してたかすら覚えてないが)

本作のおもな舞台はトルコのイスタンブールで、バザールの屋根でチェイスするシーンがあるのだが、これも最近似たようなシーンを観た。『007 スカイフォール』だ。スカイフォールでは、何と屋根の上でバイクのチェイスが繰り広げられた。

リーアム・ニーソン演じるブライアンの格闘シーンやカーアクションはカット割りがすごく細かくて、カメラがぐりんぐりん動くので、しっかり観てると酔ってしまいそうだ。この感じも何かと似ているなと思ったが、それは「ジェイソン・ボーン」シリーズだ。

上映時間92分は短すぎるのか

おじさんはこれまでの観賞経験から、映画の上映時間は基本的に120分以上必要だと思っている。それ以下の時間だと起承転結までしっかりストーリーが展開しないし、展開できたとしても、内容が深く描き切れないと思う。
90分の映画を作るんだったら、あと20分を足して伏線をしっかり描き、もう10分で最後のどんでん返しを描いてあっと言わせてもらいたいと思うのだ。

では、この『96時間 リベンジ』はどうだったか。上映時間は92分だ。
結論としては、決して短いとは感じなかった。元々ストーリーはシンプル極まりないし、あっというどんでん返しも必要ないのだ。家庭の状況や、リベンジの背景もあっさり描いているが、そこもそれぐらいでいいのだろう。
そういう事もあって、この映画の92分はちょうどいい気がした。これ以上長いと、ブライアンも疲れ切ってしまうだろうし。

(ちょっと年齢的にきつい感じがした)

それにしても、おじさんの上映時間120分下限論は、あっさり改めるべきかも知れないなぁ。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です