iRemoconの「UIデザイナー」を試す 〜その3〜

ボタン画像を取り込んで利用する

今度はボタンに画像を貼付けて、ボタンらしくすることにする。
ボタンをレイアウトにセットしたら、「ボタン プロパティ」ウインドウから、画像「登録」ボタンをクリックする。UIデザイナー | iRemocon

すると、「メディアストレージ」ウインドウが表示される。このウインドウから、初めから用意されているボタン類や、ユーザーオリジナルのボタン類の登録・読み込みといった作業を行うことができる。
UIデザイナー | iRemocon-26

既に用意されているボタンを読み込んでみる事にする。左下の枠内には「プリインストール」と書かれたフォルダがあるので、その配下のボタン画像/モノトーン/iPadのフォルダを選ぶ。すると登録済みのボタンイメージが表示される。その中のひとつをクリックして画像を選ぶ。UIデザイナー | iRemocon

すると、ボタンに選んだ画像が張り付く。おっと失礼。先に設定した背景色では暗くてわかりにくいので、背景色を白に戻してみる。UIデザイナー | iRemocon

このように、登録済みの画像を呼び出してもいいが、ネットや自作の画像を登録して使う事も出来る。
UIデザイナー画面の左下にある、「ボタンアイコンを探す」とクリックすると、さまざまなボタンアイコンが表示されるのでそれを利用してもいい。(実際は、”button icon”というキーワードによるgoogle画像検索結果がブラウザに表示されるしくみだ)UIデザイナー | iRemocon
googleの画像検索結果では、いろんなボタン画像がでてくる。button icon - Google 検索

今回は、別途用意したボタン画像を利用する事にする。
自作やネットで入手した画像は「メディアストレージ」に登録してから使用する。

「メディアストレージ」ウインドウのユーザーデータ/ボタン画像を選択すると、最初は何も登録されていないので、フォルダの中は空になっている。 この中に、使用したいボタンをどんどん登録して使用するのだ。UIデザイナー | iRemocon-36
「メディアストレージ」ウインドウの左上にある、「画像登録」ボタンをクリックする。UIデザイナー | iRemocon

すると、Finderウインドウが表示されるので、用意しておいた画像を選んで「開く」をクリックする。i-remocon.com でアップロードするファイルを選択します

「メディアストレージ」のボタン画像フォルダに画像が登録された事がわかる。UIデザイナー | iRemoconこうして、使用したい画像を先にどんどん登録しておいてもいいし、ボタンを作成するつど登録してもいい。
次回はこの登録した画像を使って、どんどんボタンを作成していくことにする。






iRemoconの「UIデザイナー」を試す 〜その3〜” への1件のコメント

  1. アイリモコンなかなかうまく使えないので楽しみにしております。ご指導よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です