iRemoconの「UIデザイナー」を試す 〜その2〜

Glamo 【自宅や外出先から、お使いの家電をコントロールできる学習リモコンの決定版! 】 iRemocon(アイリモコン) IRM-01L

 真っ白なレイアウトにボタンを配置していく

前回「UIデザイナー」のレイアウト一覧画面からiPad用の縦画面を選ぶところまでを紹介した。今回はいよいよボタンを配置してみる。だが、その前に、背景色をいったん真っ黒にしておくことにする。
「ページプロパティ」ウインドウで「背景色」をクリックする。UIデザイナー | iRemocon-7-2
カラー選択画面がでてくるので、黒を選択する。すると、iPadレイアウト画面もそれにあわせて黒くなる。UIデザイナー | iRemocon-18
ここからボタンを配置する。「コンポーネント」ウインドウの一番上の四角い枠、これがボタンとなる。これをレイアウトにドラッグ&ドロップするとボタンが配置される。実に簡単。UIデザイナー | iRemocon-19
ボタンのサイズはドラッグで自在に変更できる。「ボタン プロパティ」ウインドウから数値を入力してサイズを変更することも出来る。また、ボタン左上の×印をクリックすることでボタンが削除できる。
UIデザイナー | iRemocon-20ボタン内にテキストを入力することが出来る。
UIデザイナー | iRemocon-21

また、文字サイズや文字色も自由に変更できる。
UIデザイナー | iRemocon-22 ボタンの透明度を変更することも出来る。「ボタン プロパティ」の「ボタン透明度」の数値を0.1〜1の間で0.1単位に増減することで変更される。「1」が完全な不透明で、数値を減らすごとに透明度が増していく。UIデザイナー | iRemocon-23 ざっとここまでボタンの配置方法を紹介したが、このままではダサいので、次回はボタン画像を読み込んで利用することにする。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です